渋谷塚田クリニックではがん(原発・再発・転移・予防)に対して副作用のない高濃度ビタミンC点滴と栄養療法(食事とサプリメント)で治療を行います

薬だけに頼らない医療を目指す 渋谷塚田クリニック
内科・放射線科(自由診療)JR渋谷駅西口より徒歩5分 渋谷区桜丘町11-2
「栄養(食事・ドクターサプリ)」と「音」と「点滴(高濃度ビタミンC点滴・キレーション点滴)」により自然治癒力を高め、がん・動脈硬化を治療します。
栄養療法
音響療法
点滴療法
※「栄養療法」「音響療法」「点滴療法」は自由診療です。
 診察ご希望の方は、あらかじめお電話でのご予約をお願いいたします。
診療時間 平日 10:00〜13:00、15:00〜17:00 土曜 10:00〜13:00、14:30〜16:00  休診 木曜・日曜祝祭日
TEL: 03-5728-6881
地図と交通アクセスはこちら
 
HOME
診療方針
自由診療の内容
料金表
よくある質問
クリニック紹介
リンク
渋谷塚田クリニックでは以下の
検査・治療をおこなっております
が ん
ニュートリションチェック
アレルギー
その他
ドクター塚田のがん治療と栄養療法ブログ
より良いサプリメントの選び方
 

各種点滴療法について


■高濃度ビタミンC点滴療法

適応症
乳癌、肺癌、膵癌、食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、腎癌、膀胱癌、前立腺癌、子宮癌(子宮頸がん、子宮体がん)、卵巣癌、悪性リンパ腫などほぼすべてのがんの原発および再発や転移治療、がんの予防、動脈硬化(脳梗塞、心筋梗塞)や白内障の予防、C型肝炎やインフルエンザウイルスなどの感染症、しみやしわ、アトピー性皮膚炎等
※現在透析中の方は、ご相談させて頂きます。

「大量のビタミンC点滴が、ガン細胞を副作用なく殺す」
高濃度ビタミンC点滴療法の特徴は、抗がん剤による嘔気や嘔吐、脱毛そして骨髄抑制といった副作用がなく、ガン細胞を叩くことです。その効果は、腫瘍が縮小するだけでなく、抗がん剤治療と併用した場合、治療効果を相乗的に高める一方、抗がん剤の副作用を弱めます。さらに、

  • ガンの痛みが和らぐ
  • 食欲がわく
  • 体力が回復する

など、QOL(生活の質)が改善し、治療の大半が入院生活だけで終わることなく、家族と充実した過ごす時間を生み出してくれなどの効果も期待できます。これは、癌治療を受ける本人はもとより、家族の方にとってもとても大事なことと考えます。

  1. 現在抗がん剤治療や放射線治療を受けられている方
  2. すでに上記のがん治療や手術を受けられて治療経過をみている方
  3. ガンの出現や再発を心配されている方
  4. さらに、全身転移のある末期ガンで手遅れとあきらめてしまっている方 など、

ぜひ、この高濃度ビタミンC点滴療法を試される価値があると思います。

当クリニックでも、日々の診療の中で、この高濃度ビタミンC点滴療法の治療効果を実感しています。代表的なケースとして、50歳の乳がんの患者さんが、術後5年経過したところで多発肝転移などの全身転移が出現し、病院の主治医より余命1ヶ月と宣告されました。そこで、病院での抗がん剤治療と併用して、当クリニックにて週3回の高濃度ビタミンC点滴療法を開始しました。治療開始時には食欲もなく、ひとりで歩くことも大変だった状態が、ビタミンC点滴開始後には食欲も出たり、転移の腫瘍によって大きく腫れていた肝臓も小さくなったりするなど、実に驚くほどの改善を示し、治療開始6ヵ月後には元気に仕事に復帰するまでになりました。

近年、様々な疾患の原因や老化の原因のひとつに活性酸素が関与していることがわかってきました。ビタミンCは代表的な抗酸化物質であり、その強い抗酸化力で、この活性酸素を消去します。この働きによって、ガンに次ぐ死因である動脈硬化による脳梗塞や心筋梗塞などの予防、さらには白内障の予防としても、高濃度ビタミンC点滴療法はその効果を期待できます。

さらに、C型肝炎インフルエンザなどの感染症、しみしわなどの老化対策、そしてアトピー性皮膚炎にも高濃度ビタミンC点滴療法は期待できます。代表的なケースとして、当クリニックにて小児ガン(神経芽細胞腫)に対して高濃度ビタミンC点滴療法を施行していた患者さんのアトピー性皮膚炎が、ビタミンC点滴中に改善し、実にきれいな肌となりました。また抗がん剤による脱毛も改善し、産毛のようなフサフサの髪の毛が生えてきました。

※2005年にアメリカの国立衛生研究所(NIH)、国立がんセンター(NCI)らの科学者たちが、『高濃度ビタミンC点滴療法はがんに有用である』ことを発表しました。 現在この高濃度ビタミンC点滴療法は、アメリカの国立衛生研究所(NIH)、国立がんセンター(NCI)においてさらに研究が進められている、最先端のがん治療法です。
渋谷塚田クリニックでは、現在、高濃度ビタミンC点滴療法の世界的中心地であり、すでにこの治療に関して30年程の実績のあるアメリカ・カンザス州の「人間機能改善センター」同じ点滴方法(リオルダン・プロトコル2009に基づく)、同じビタミンC製剤を使って治療を行っておりますので、安心・安全に高濃度ビタミンC点滴療法を受けることができます。
 写真は、アイルランドで製造されたMylan Institutional社のビタミンC25g製剤で、国内産のビタミンC製剤と違い、防腐剤はいっさい入っていません。
自分の体勢に合わせて自由に調節できる、ストレスフリーのリクライニングシートで点滴をして頂きます。
カーテンの仕切りにより、プライベートを保てます。
また、点滴中、水分の補給や、低血糖予防のためにプロテインクッキーなどの提供も行っています。

■高濃度ビタミンC点滴療法による改善例

【症例 乳がん 50歳代女性】
5年前に乳がんステージW(肺と骨への転移)の診断にて抗がん剤治療施行。今回さらに肝転移や胸水、腹水が出現し、これ以上の抗がん剤治療の効果も期待できず余命1か月の宣告を受けた中、高濃度ビタミンC点滴療法が開始されました。

図1 腹部CT 高濃度ビタミンC点滴 治療前
※高濃度ビタミンC点滴治療開始前の上記【図1】腹部CTにおいて、左右両側に胸水がみられ(黄色の矢印)、肝臓も多発した肝転移(白色の矢印)により腫大しています。

図2 高濃度ビタミンC点滴 治療後
※高濃度ビタミンC点滴治療開始6か月後の上記【図2】腹部CTにおいて、両側にみられた胸水も消失(黄色の矢印)、多発した肝転移も縮小して(白色の矢印)肝臓の腫れも改善しています。高濃度ビタミンC点滴治療開始前はほとんど寝たきりに近い状態でしたが、ビタミンC点滴開始1か月後には退院され、3か月後にはひとりで自宅近くのスーパーに買い物に行くことができ、6か月後にはお仕事に復帰されました。



【症例 肺がん 40歳代男性】

健診の胸部X線にて異常陰影を指摘され、精査の結果すでに肺内に転移があったことから、最も病状の進行した肺がん(腺癌)ステージWという診断となりました。
抗がん剤治療を3クール(回)施行するも効果なく、抗がん剤の点滴治療は中止され高濃度ビタミンC点滴療法が開始されました。

図1 左肺CTビタミンC点滴治療前→図2 ビタミンC点滴治療後
※高濃度ビタミンC点滴開始前の上記左側の【図1】胸部CTにおいて、不整形な白い塊のようにみえる肺がんの腫瘤(黄色い矢印)は、高濃度ビタミンC点滴開始3ヶ月後の上記右側の【図2】胸部CTにおいて、明らかに縮小していびつに変形している(黄色の矢印)ことがわかります。
CTで縮小していびつに変形した肺がんの腫瘤はその後も変化なく、すでにがんが死んで瘢痕化したことが推測されます。

この患者さんは3年以上経過した時点において再発や他部位への転移なく、普通に仕事をなさりながら、休日はトライアスロンに挑戦される程元気に過ごされています。
※具体的な「高濃度ビタミンC点滴療法」の診療内容は、自由診療の内容をお読み下さい。
ご予約・お問い合わせは
診療時間:10:00〜13:00、15:00〜17:00
定休日:日・木・祝祭日
| HOME | 診療方針 | 自由診療の内容 | 料金表 | よくある質問 | クリニック紹介 | リンク  |
Copyright(c) TSUKADA CLINIC All rights reserved.